指揮者紹介

筑波研究学園都市吹奏楽団において合奏の指揮と指導をしてくれる方々の紹介


野宮 敏明 のみや・としあき

1961年、北海道に生まれる。
高校入学後、吹奏楽部へ入部。 高校時代に全日本吹奏楽コンクール全国大会での指揮者賞受賞。 高校卒業後、東京の尚美高等音学院で2年間‘なんとなく’ホルンを専攻。 卒業後、玉川大学文学部芸術学科に進む。やはり4年間ホルンを専攻した。 指揮を荒谷俊治、福森湘、ホルンを宮田四郎、ピアノを白石准の各氏に師事。 大学卒業後、北海道根室市で高校教師になる。根室市では高校の吹奏楽部、 市民吹奏楽団、市民オーケストラ、市民管弦アンサンブルと、合計4団体の指 揮者として大活躍の日々であった。
2年半後、教職と4団体の指揮者を辞して、再び上京。だが、何もあてがなく、 母校、尚美の事務職員としてとりあえず月給生活に。
1年後、指揮棒1本で食べていく決心を固める。1991年のことであった。
1992年、N響団友オーケストラ、東京パシフィック管弦楽団を指揮し、指揮者として 本格的な活動を開始する。 同年より財団法人日本オペラ振興会オペラ歌手育成部講師、 1993年より文化庁オペラ研修所講師を務める。
1996年には劇団四季のミュージカル「美女と野獣」の公演で3ケ月間指揮者を務めた。 現在、オペラを中心に管弦楽、合唱、吹奏楽の指揮者として幅広く活躍中である。

野宮さんは、根気よく音楽を諭して下さるだけでなく、 練習後のミーティングや日頃の飲み会などにも積極的に参加して下さって 団員との熱い交流をはかってくださいます。
そんな野宮さんご自身のホームページ『のみや牧場』はこちら


[Home]
*** Tsukuba Science City Wind Orchestra ***
t-brass@jcom.home.ne.jp